実験クッキングとは 宮成なみさんのすごいところ アンサークッキング SON'S LUNCH さつまLUNCH サポーター企業のご紹介
TOP | アレルギーフリー食 | チャーハン

卵なしでもパラパラチャーハンは作れる!

パラパラチャーハンを作る極意は煙が出るくらいに熱した中華鍋で卵をまとったご飯をあおって…そんな感じでしょうか。
主人は鉄鍋を使って、高温でガンガンあおってチャーハンを作りたいという理由からガスコンロ推奨派でIH否定派なのです。
私は掃除も楽そうだし、調理している時に部屋が熱くならないとも聞くのでIHに憧れているのですが…。
それにいろいろ調べてみると、家庭用のガスコンロの火力ではあおりすぎると火から離れてしまい逆効果とも聞いたこともあるのですけどね(笑)
そんな強いこだわりがあるチャーハンですが、息子は卵アレルギーなので卵をまとわすことができません。
私が作るといつもご飯がダマになり、べちゃっとした仕上がりになってしまうので、チャーハンはこだわりの強い主人に卵抜きでもパラパラになるように研究してみてよとお願いしました。
まず、炒める前のご飯にマヨネーズを大さじ1程度混ぜて炒めるとパラパラになると聞いたのでやってみました。
しかし、よく調べてみると、マヨネーズの中の卵黄と乳化された植物油がご飯を一粒一粒コーティングすることでパラパラになるそうです。
息子には卵不使用のマヨネーズしか使えないので、これで大成功とはいきませんでした(コクを出す意味では良いのかもしれませんが)。
今の時点で主人が実行しているパラパラチャーハンのコツはこの3つです。
1. 水分が出るたまねぎではなく長ネギを使用すること
2. 冷蔵庫に入れておいた水分の抜けたご飯を使うこと
3. 一度にたくさんの量を作らないこと
我が家は高齢の義父母と同居していますので、ご飯は柔めに炊いていますし、家族が多くて面倒くさいので、私は一度にたくさんのチャーハンを作ろうとしてしまいます。
その上卵が入れられないので、余計にべちゃっとした仕上がりになる悪条件が我が家はてんこ盛りです。
しかし3つのコツで作れば、卵なしでもパラパラチャーハンが作れるようになりました。
相変わらず主人は鍋をあおるのでその後の掃除が大変ですが、作ってくれるので文句はなしです!

TOP
実験クッキングとは 宮成なみさんのすごいところ アンサークッキング SON'S LUNCH さつまLUNCH サポーター企業のご紹介
哀れ飯〜結婚までの道のり〜 サポーターからの至極の一品 アレルギーフリー食