実験クッキングとは 宮成なみさんのすごいところ アンサークッキング SON'S LUNCH さつまLUNCH サポーター企業のご紹介
TOP | アレルギーフリー食 | 米粉パン

小学校6年間の給食を助けてくれた米粉パン

息子にはたくさんの食物アレルギーがあり、誤食をしてしまうと、ひどい時はアナフィラキシーショックを起こしてしまうレベルです。ですので、現在はエピペンを所持しています。
今まで、2度アナフィラキシーショックを起こして救急車で運ばれています。その他にも嘔吐や、蕁麻疹は数え切れないほど経験してきました。

そんな息子ですが、私がフルタイムで働いていましたので、保育園に0歳からお世話になっていました。給食は保育園の方々のご厚意で、全て園側で作って下さいました。

保育園生活も終わり、息子の通っていた小学校の給食の対応は、以下のような手順でした。
1、栄養士さんは、次月の献立表と原料一覧表を準備し、担任から息子伝いに私に渡す
2、私は、全てをチェックして、食べられない献立と、原料に蛍光マーカーで線を引き、学校に返却する
3、栄養士さんは、除去できて、成立するおかずの場合はその旨を表示し、除去できないおかずは代替品を持参するように指示する(例えば ・八宝菜のウズラの卵はウズラを取り除き提供する。・バナナなどは、そのものが食べられないので他の食べ物を持参する等)
4、私は、指示されたおかずの代替の有無を返答して、何を持参するか伝える
5、持参するものがある時は、息子が毎回、休み時間に給食施設まで持って行く

今はどのようにしているのかわかりませんが、息子が小学生の頃は、この作業を毎月おこなっていました。(慣れるまでは、私が学校に行き、栄養士さんと担任の先生と直接お話して間違いのないようにしていましたが)
息子の学校は、校舎内に給食施設があったので、息子は代替品がある日は、自分で給食施設まで行き、給食を作っている方に直接渡す、ということをしていました。同じ敷地内でしたが、毎回、15分の中休みに行くのは大変だったと思います。
代替品は、給食時に自分でカバンから取り出すのではなく、みんなと一緒のお皿で食べた方が良いだろうとの配慮や、衛生上の保管管理の点からでした。持って行くのは小学1年生の頃からでしたから、いろいろ準備や行動が遅い小学1年生の息子はきっと大変だったと思います。テキパキしているお友達にたくさん助けられていたようでした。

代替品を持っていくのは週5日ある中、3日以上ありました。
最初、パンの日には、ご飯を持参していました。みんながパンを美味しそうに食べている時にいつも自分だけ白ご飯で嫌だったようです。

よく、知り合いから「どこどこのスーパーに米粉パンが売ってあったよ!」と教えてもらうのですが、実際に行って原料を確認すると、小麦が主原料でその中に米粉が含まれていたり、米粉が主でも小麦グルテンが含まれていて、重度の小麦アレルギーの息子には食べることができないパンばかりでした。商品名に「米粉パン」と書かれていると、アレルギーに詳しくない方は、米粉パンだから大丈夫と思ってしまいます。
重度の小麦グルテンアレルギーの人にとっては少しの混入も危険です。命に関わることなので、もう少し、はっきり表示してもらえればなと思います。(アレルギーを持つ子供の親は当然わかると思いのですが、祖父母や、お友達のお母さんには、なかなかわからないことだと思うのです。)

10数年前にも(通信販売でなら)グルテンフリーの米粉パンは冷凍で、売ってありましたが、焼いたすぐは、柔らかくて美味しく食べることができるのですが、時間が経つとどうしても固くなってしまい、給食に持参するのは不向きでした。

そんな時に、小麦グルテンを全く入れなくても(専用のミックス粉で)作ることができるホームベーカリーが売ってあると聞きました。(私の性格上、健康に良いなどで購入したものは、数回使っていつのまにか、飾りになってしまうことが多いので、手を出さないようにしていたのですが)このホームベーカリーは本当に役に立ちました。

購入してから6年間ほぼ、週に2回は米粉パンを焼いて、学校に持参しました。一斤できるので、切って持たせていました。この米粉パンは切って時間が経っても、従来の米粉パンより、柔らかくて美味しいのです。私が購入したのは、サンヨーのホームベーカリーでしたが、当時、開発してくれた方々に感謝してもしきれない思いでした。
息子もパンの日に、ご飯を持参するよりもみんなと一緒のパンを食べることができるのが、本当に嬉しかったようで、初めて米粉パンを持って行った日に、喜んで帰ってきたことを今でも覚えています。

小学校の時は、食パンを持って行く為だけに米粉パンを焼いていましたが、今はその米粉パンを使ってアレンジできないか考えています。この米粉パンの味は、モチモチしていて、うっすらとお米の味がしていて美味しいです。なかなか米粉100%で小麦グルテンを含まない米粉パンは売っていません。ですのでこのホームベーカリーとミックス粉を使って息子も安心して食べることができる料理をいろいろ作っていきたいと思います。

TOP
実験クッキングとは 宮成なみさんのすごいところ アンサークッキング SON'S LUNCH さつまLUNCH サポーター企業のご紹介
哀れ飯〜結婚までの道のり〜 サポーターからの至極の一品 アレルギーフリー食