TOP | 哀れ飯〜結婚までの道のり〜 | 【第107話】37歳、最後の晩餐

【第107話】37歳、最後の晩餐

37歳最後の晩餐を前に、胃腸系を2週間ほどやられていたわたし。
 
ほんと、2週間腹痛・吐き気・嘔吐に見舞われた。
 
普通日が進むに連れ治っていくものだと思うが、
 
わたしの場合、2週間経過時にピークがやってきた。
 
あー、マジで辛かった。
 
 
それはさておき。
 
ようやく体調もよくなってきたので、37歳最後の晩餐を行おうと。
 
高知から来た友達とともにこちらへやってきた。
 
 
柳川のうなぎやさん
 
2週間ほど胃腸を休めざるをえんかったし。
 
37歳最後に精をつけようと。
 
 
贅沢に行きましたよー。
 
 
うなぎづくし
 
うなぎづくしっす。
 
せいろ・肝吸い・白焼き・酢の物と。
 
久々「食べたー!」という満足感。
 
37歳最後の晩餐、昼に食べたんだけど、夜まで満腹続いた。
 
ほんとうに、37歳最後の晩餐になりましたー
 
 
ちなみに。
 
 
去年は自分の誕生日を迎えて、色々とやってみたが(去年の模様はこちら
 
今年は驚くほどに、何の変哲もなく。料理を作ることもなく過ごした。
 
 
誕生日のごはん
 
実家出禁が解けた今、母がつくってくれた手巻き寿司が唯一の誕生日のご飯だ。
(食べかけですんまそー)
 
 
 
あ。嬉しかったこと。
 
GW中に誕生日を迎えるのだけど、会社きたらお祝いのプレゼントが置いてあった♪
 
 
プレゼント
 
プレゼント2
 
NさんとO子から。
 
わたしのことをよく分かっておられるw
 
 
♪ここでひとネタ。♪
 
悲しいとき~。。。
38歳になったが、哀れ飯始めてからなにも変化がない時〜

<< 【第106話】ふみ飯ならぬ哀れ飯

【第108話】あぁぁ哀れ。というより悲惨・・・ >>