TOP | 哀れ飯〜結婚までの道のり〜 | 【第61話】肉はフライパンで焼くに限る

【第61話】肉はフライパンで焼くに限る

ナンチクの白モツと、父の菜園で採れたにんにくの芽、手作りこんにゃくでおつまみを作りました。
 
 
モツと手作りこんにゃくとにんにくの芽
 
材料撮りをしていなく、いきなりフライパンに乗った状態からの写真。
 
 
白モツ焼き
 
ただ炒めて、焼肉のタレで味付けしただけ。ただ、それだけ。
 
シンプル・イズ・ベスト。
 
 
ちなみに。お肉はフライパンで焼いていた私ですが、フライパンで焼くのすら面倒くさくなり、
 
トースターで焼けば、ひっくり返す作業もなく簡単だろう。
 
と、先日豚ロース肉をトースターで焼きました。
 
すると、驚き。
 
煙が出ることは予想していたが、まさかの炎。そう、出火。
 
普段IHを使っているため、炎を見ることが無い私。久々のテンパリです。
 
「やべぇ」
 
トースターの扉を開け、「ふーっ、ふーっ」と息をかけて消火活動。
 
なかなか消えない。
 
「なぜだ?!」と一瞬考えたが、答えは出た。
 
「あ、電源入れっぱだからだ。」
 
すぐさまオフにし、再度「ふーっ」っと息を吹きかけ消火活動。
 
消えた。
 
違う「ふぅー。」という息が私から漏れた。
 
この状態こそ、写真に収めるべきだとは思うが、そんな余裕は微塵もなかった。
 
これからは、肉はやっぱりフライパンで焼こう。と誓った日でした。
 
 
♪ここでひとネタ。♪
 
悲しいとき~。。。
一人暮らしの城が、危うく炎に包まれてしまいそうだった時〜
 
つづく
 

<< 【第60話】祭でもよどむ

【第62話】悲惨!スピルリナが・・・ >>